11月27日に、千代田区立日比谷図書文化館日比谷コンベンションホールにて、永田治樹先生(筑波大学名誉教授・弊社顧問)をコーディネーターとした『ワークショップ 図書館を「ゆめ」いっぱいに!』を開催しました。

四つの図書館プログラム報告があるとともに、それを素材にした議論が行われました。

lib_yuppaini

 

なお、発表されたプログラム報告のスライド(PDF形式)は、以下のリンクよりご覧いただけます。

「子どもたちの  なかの いーぶっく すぽっと」(加藤慎一 中野区立中央図書館館長)

「地域の記憶を伝え、記録に残す」(中島善久 江戸川区立小松川図書館館長)

「高齢者と対話する」(廣瀬幸子 浜松市立はまゆう図書館館長)

「思いを届ける、気持ちがつながる!」(宮崎亜古 千代田区立四番町図書館館長)