図書館事業5つの約束

1.充実した研修で人材(財)の育成に努めます。

図書館の肝は、人です。「ライブラリアン」として図書館で活躍できる人材(財)を育成するために研修制度を確立し、豊富な講師陣をそろえ、年間計画に基づき多様な研修を実施しています。

2.魅力的な企画事業を展開し、利用を促進します。

それぞれの図書館で自主事業を企画し実施することで、「図書館に足を運んだことのない」という周辺住民の皆様にも図書館の利用価値を理解してもらい、新たな利用者になっていただきます。

3.積極的に社会貢献・環境問題に取り組みます。

障がい者の図書館利用支援のために、手話教室の開催や備品の整備を行ってきました。それとともに、温暖化や災害への備えなど、環境問題への取り組みも実施しています。今後もさまざまな形で社会貢献を続けていきます。

4.常に新しいことにチャレンジします。

急速に変わりゆく社会において、公共図書館サービスが今後どうあったらいいかを、広い視野で考え、情報通信技術などの成果を導入・活用しつつ、新たな公共図書館の事業展開にチャレンジします。

5.人にやさしい会社を目指します。

ヴィアックスの社員は「和」を大切にしています。
それは社員同士の「和」、図書館に集う人たちとの「和」、そして図書館に集う人たち同士の「和」へと広がっていくことを願っています。